2010年05月31日

プライマリ・ケア学ぶ学術大会、6月開催(医療介護CBニュース)

 日本プライマリ・ケア連合学会は6月26、27日の2日間、東京国際フォーラムで学術大会を開催する。

 同学会は、プライマリ・ケアにかかわる3学会(日本プライマリ・ケア学会、日本家庭医療学会、日本総合診療医学会)が合併して今年4月、新たに設立されたもので、組織改変後、初の大会となる。
 「住民の求めるプライマリ・ケア―分化から統合へ」と題して、プライマリ・ケアをめぐる医薬連携や卒前教育の在り方、在宅緩和ケアなど、幅広いアプローチで講演やワークショップを開く予定だ。医療従事者向けのプログラムのほか、27日には聖路加国際病院の日野原重明理事長をゲストに迎えた市民講座の開催も予定している。



【関連記事】
10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」
新政権は介護療養型医療施設の「存続」を
初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会
医学部などの新設、意見集約できず−全自病
報告書の骨子案を提示―へき地保健医療対策検討会

<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
児童ポルノ遮断、監視団体「一刻も早く対策を」(読売新聞)
少年事件に地域ぐるみ対策=足立区、舞の海さんら訴え―警視庁(時事通信)
両陛下、障害者施設を訪問(時事通信)
<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
posted by バンドウ フミオ at 17:07| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。