2010年04月20日

高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は16日午後の衆院内閣委員会で、国家公務員の給与体系について、「民間の場合は、高齢者はある年齢で賃金が低減していく。そういう賃金カーブを作らなければならない」と述べ、一定年齢を超えた後は給与が下がる仕組みの導入に意欲を示した。 

【関連ニュース】
民主公約の基本概念
最長3年、「日雇い」是正=省庁勤務の非常勤職員
組合の「理解」前提=公務員の人件費削減
「政治家がばかでは国もたぬ」=公務員研修の訓示で鳩山首相
「同じ気持ちで協力を」=新人公務員研修で訓示

 ブログ市長「勇気ない首長だらけ。変革ムリ」(産経新聞)
次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
事故調漏えい、JR西2社員を取り調べ(読売新聞)
高速新料金法案に「異唱えぬ」=川内衆院国交委員長が首相に(時事通信)
posted by バンドウ フミオ at 07:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。